平成版 釣りキチ三平

posted in: Bass 2005 | 0

050515
△▲画像クリック△▲
仕事帰りに立ち寄った古本屋で、ふと見つけてしまいました。


むかし懐かしの釣りキチ三平ですが、フライやルアーがメインタックルになったりと現代版にアレンジされているのが、最近スカパーで見ている「昔のアニメ」とのギャップに笑えます。
平成版では、環境問題や現代の社会問題等にふれる部分が多く、主人公が数々の大物の魚と単純に戦っていくだけの釣りマンガでは無くなっているので大人が読んでも楽しめるものになっていますが、子供にはちょっと難しいようで裕也(小2)はパラパラとめくっただけで「ぽい」してました(^^;)
第3巻の、三平が入院してしまい主人公が不在のまま物語がすすんでいく話(それでもやっぱり三平が主役だった)は新鮮で面白かった。
まだつづきがあるようだったので、「Amazon.co.jp」で古本を早速頼んでしまいました。
古本屋を探して回らなくていいなんて、便利な世の中だ(^^;)
そうそう三平は食べたりする分と大会以外では、全てリリースです。
「釣った魚は全部たべろ!」とか「食べない魚をなんで釣るの?」と時々言われますが(つい最近も言われた)、子どもの頃から川のハヤ(アブラハヤ)釣りで育った僕は、「釣った魚=リリース」が基本だったので、逆になんで食べなきゃいけないの?と疑問に思ってました。
たしかに、ヤマメやニジマスが釣れたときは美味しいので、持って帰って食べましたが、食べるために釣ってるのではなく、釣りを楽しむために釣っていたので食えと言われても困りますよ。だいたいアブラッパヤって食えるのか?^^;
バスだってきれいな水で育ったヤツなら、うまそうなのでたまには持って帰って食べるのもありかもしれません。(事実子どもの頃食べたバスは、白身で結構うまかったです。)しかし、今の日本の汚い水でそだった魚は食べる気がおきませんよね(^^;)
三平が相変わらずリリースで「釣りキチ三平」世代?!としては、ちょっとうれしかったです。

0 Responses

  1. こんばんは。
    テンプレート替えました?
    なんか雰囲気が違いますよね。
    さて、三平くん!
    実はマンガもアニメも見たことありません。
    流行ってる?当時って、釣り興味があまり無かったから?
    たぶんこの頃見てたのは、グランプリの鷹(知ってます?)
    そういえば、ガンダムもまったく見たことありません(笑)。
    でも、ヤマトや北斗の拳は大好きです。
    いまでも、青春のバイブルですから(笑)。
    でも、平成版はちょっと面白そうですね?

  2. こんちあ〜す!
    前のテンプレートがあまりにもMacでまともに見れなかったので(Macユーザーなのにσ(^^;))、変えました。
    ちょっと涼しげな大人の雰囲気に^^;
    グランプリ鷹!絵を思い出せないのですが、聞いたことがあります。6輪車とか乗ってたやつ?
    ガンダムはライブでは見てません。再放送で見ました。
    その時間はサッカー少年団でボール蹴ってました。
    三平はアニメというより、近所のお兄さん(思えば最初の釣り友達だ)の家でマンガを何十冊も見せてもらったのを覚えてます!

  3. やっぱり近所のお兄さんやおネイさんの影響はあるよね!
    私も隣の家と屋根伝いに行き来できていたので、よく遊びに行ってましたが、そこでRCやスカイライン、フェラーリのF1について洗脳されて現在に至っています(笑)。
    釣りに関してはうちのサイトに詳しいので省略しますが、
    やっぱり「誰か」の影響って必ずありますよね。
    グランプリの鷹。
    そうそう、6輪のF1走らせていたアニメです。
    子供の頃はRCはまだ高価で、主力は1/24スケールのプラモデル。これに360か130モーターを載せて、
    ゼロヨン的に競争させる遊びが小学生の頃に流行ってまして、このアニメに影響されて、後輪をWタイヤにしたり。
    いま思えば、これじゃ、トラックやバンですけど(笑)。

  4. おおぉ!やはり!それなら、グランプリ鷹の消しゴムを集めた記憶があります!
    6輪のF1って、「ティレル」あのころは「タイレル」って呼んでたかな。ありましたよね。
    田宮からラジコンも出てましたよ。

  5. 消しゴム・・・今で言うガチャポン、ガチャガチャでしょ?
    空前のスーパーカーブーム(古すぎますか?)
    の時に、私もよく集めて、休み時間には廊下で毎時間
    レースやってたな・・・懐かしい。
    そうそう、グランプリの鷹の6輪のアイデアはそのタイレルからだった(笑)。
    ダウンフォースの点でタイヤが小さいから有利、しかも
    グリップも稼げると、いいことずくめで鳴り物入りで登場したタイレルも、アイデアが奇抜すぎて、セットが難しく、
    結局、大した記録は残せず2年で元の4輪になってました。
    初代はいまでもタミヤの本社ショウルームにありますよ。

  6. スーパーカーブーム懐かしい^^;
    スーパーカー大百科とかいう小さくて分厚い本を、親に買ってもらって、必死に呼んでました。
    その憧れをいまだに引きずってるから、
    RX−7なんだろうなぁσ(^^;)

Leave a Reply

CAPTCHA