Basser 憧れのマザーレイク|琵琶湖|バスフィッシング

posted in: Bass 2017, OtherPlaces | 0

2017.08.18

ロードバイクでビワイチを達成した翌日、日の出前に宿をチェックアウトし、北湖へ。
憧れのマザーレイク琵琶湖ではじめてのバスフィッシング。

雷様にはかないません( ;∀;)

残念なことに天気は雷まじりの雨。釣りをスタートした時は山の向こうでゴロゴロしてたけど、目の前でボイルがはじまりこれからってタイミングで真上で鳴りはじめた。

朝まずめの美味しい時間でしたが流石にこれは危険なので自主避難。

車に道具を片付けてる際に、普段は彦根方面で釣りしてるというアングラー達が話しかけてきたので、談笑。
雷様にはかなわないよね。

しばらく(雷が)おさまりそうにないので、ポイント探しもかね移動。

名前もわからない川の河口。

やっぱり夏はインレット絡みが鉄板でしょう!ということで、名前もわからない川の河口に。河口から扇状にサンドバーが張り出しており、ウェーディングすると扇型にランガン出来るポイント。

小魚が回遊しているのか?同じポイントで定期的に小さなボイル。

ボイルがあった周辺を念入りに攻めると、ヘビキャロにかすかなバイト。あたりを聞いてから一気にあわせると、なんとか琵琶湖初バスがヒット。20cmぐらいのコバス君。。。あっはは(^-^;

今度はネコリグ?に2匹め。少しサイズアップ25cmぐらい?

ヘビキャロを遠投していたら、突然目の前の沖でボイル。キャロロッドをベルトに挿し、スピニングをフルキャスト。着水後数回シェイクをすると、グンと力強い引き。濃いウィードに絡みながらなんとかキャッチした元気なバスは、38cm。まだまだなサイズですが、とりあえず楽しませてくれた。

ボイルもなくなったので、移動しようと戻ってる途中で、サイズダウンのコバスを追加。

その後、数ヶ所ランガンしましたが気配もないので、午後に入りたいポイントに向け大移動。

大移動した東岸で大外し

移動中睡魔が忍び寄ってきたので、道の駅でランチを食べ車で仮眠。。。が、ガッツリ寝すぎて、午後に入りたかったポイントにランガンする時間がなくなった。夕まずめラストに入ろうと思ったポイントに勝負をかける。

ところが前日は穏やかな陽気に沢山の釣り人がいた大きな川の河口は、向かい風強風荒波で。。。まともに釣りにならず。残り時間も少ない中、ここから移動して入れるようなポイントも分からないので、その付近をランガン。漁港(釣り禁止)で風が多少ブロックされる(といっても多少ましな程度でザブザブ)でなんとか、コバスを追加するも時間切れ。

チャリンコでぐるっと回った以外、事前情報ほぼ無しでデカバスのロマンを求めた琵琶湖での釣りは、車を止められる場所がよくわからなかったこともあり、なかなか厳しいものでした。

でもはじめてのレイクで自分なりに考えポイントを探す釣り。そしてなりより普通にワームが使え(河口湖&西湖は使えない)、ゴバスとはいえ普通ーに魚が釣れる(5匹目って今年最多かwww)魚釣りは楽しかった。次回行くときはしっかりランカーを狙って釣りたい。

ほんと坊主回避できてよかった(泣き笑い)

琵琶湖から静岡まで変える道中はずっと雷雲と一緒に移動していて、目の前に稲妻が落ちたりとちょっとおっかない道中でした。

 

ブラックバス 5匹 最大38cm(ギルバイトなかったな)

次こそ琵琶湖でヘビキャロでのデカバス釣りた~い!!

Leave a Reply

CAPTCHA