8ちゃんねる

posted in: Bass 2010, 山中湖 | 3

100426.jpg
2010.04.26 山中湖
水温 10~12℃ 気温0~14℃
富士五湖の凄腕おじさんが、山中湖で
ブラックなんちゃらという幻の魚を釣るらしい。
さっそく取材班は現場に急行した。


気温0℃。吐く息が白い。
4月下旬とは思えない平日の朝、取材は始まった。
ファーストポイントでは、ノーバイト。
次に選んだのは春の夕まずめ定番ポイント。
静かな湖畔。富士山を見ながら股下まで浸かり沖に遠投する。
たこぽちの姿に誰もが見とれていた時、
ビシッっという風切り音とともに、たこぽちの雄叫びがあたりの静寂を破る。
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
この日から投入したと言う、ランディングネットを
少しぎこちなく構え(つーかへっぴり腰)しっかりと仕留める。
47cm 1.5kg 堂々たる山中湖のネイティブ。
これがブラックバスだ

その後、たこぽちが夕マヅメにそなえ英気を蓄えるあいだ、
取材班もロッドを握ってみる。
山中湖は放流のある全国でもまれな湖。
しばらくして30前後と小型ながら、
取材班も2匹のブラックバスをキャッチできた。
このサイズでもこれだけの引き。。。
たこぽちのバスがいかに凄いのか寒気をおぼえた。
午後、なにも起きない静かな時間が続く。
日が傾きこれがラストチャンとなる最後の時間に、
なんと!たこぽちは朝一の場所へ戻ると言う。
この残された僅かな時間に何が出来るのか?
しかも移動したポイントは平日にも関わらず数多くのアングラーが。
この絶体絶命の中、たこぽちは他人とは違うルアーを手にし、力強くキャスト。
そしてドラマは起こった
誰もが釣れてない状況で、彼のロッドだけが弧を描く。
水中で激しく抵抗する魚体。これはデカイ
周りの熱い視線の中、男はしっかりとキャッチした
(実はすげーへっぴり腰でバラすんじゃね?と思ってた。まあヒガミだ。)
45cm 1.5kg サイズこそは朝一のバスには及ばなかったが、
その見事なプロポーションは、満足の一本。

我々も熱い興奮で取材を締めくくることができた。
ありがとう!たこぽちそしてありがとう山中湖の大自然

たこぽち 47、45、コバス 3本
たっきー コバス 2本

3 Responses

  1. いや~、ドキュメンタリーチックに描写されると照れるなぁ(^^)
    いつものとおりやった(釣った)だけなんだけどね。
    やっぱ、キモは平日でしょ!!
    こんどは僕が取材班として、たっきーさんにへばり付きますわ。
    ↑たきぽちって誰?(笑)

  2. たこぽち

    てか、あの日は取材に来てたってワケ?
    同じタイミングでロッド振っていなかったっけ?
    正確には、結果、取材のようになったってコトでしょ♪(笑)

  3. たっきー

    失礼!修正しましたm024
    次回の取材班よろしく!
    てか、釣れたのに撮りに来てくれなかったじゃんm019
    http://t-field.net/index.ph

Leave a Reply

CAPTCHA