8/7山中湖爆釣組 02

posted in: Bass 2004, 山中湖 | 0

bass/0807_02
△▲画像クリック△▲
自分たちがやってるところより、反応のよさそうなところがあったので船団の中に突入。


ここでは何を投げてもバスが追ってきます。スピナベを投げると4〜5匹のバスが追ってきます。あっちこちからバスが沸いきて、気がつけばボートの周りをバス君に取り囲まれてます(^^)ヤマセンをフォールでパク!パク!スピナベも好反応で、ブレードにバイトしたのか、ウイードにっひかかったのかわかりませんが、ブレードが取れてしまいました。冗談でそのまま投げたら、ブレード無しスピナベでもキャッチ( *´艸`)ププ
ワームだと手返しが悪いので、ラバージグに変更!これがもの凄いことになりました。フォールさせると、水中が白くギラ!または糸がプンッ!とはねます。まさに入れ食い状態で、写真を撮るのも面倒なくらいでした。
ちょっとスレてきたらトレーラを変更したり、とってしまったり。もの凄い熱い時間でした。
(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゜))))彡
ふと気がつくと、周りはさらにもの凄い船団になってしまい、あんまりにもウザクなってきたので移動。銀行前のウイードを見に行きますが、さっきの入れ食いを体感してしまうと、普通の釣りには戻れません。魚っけを感じられないのでもとの場所に移動。これでまた何匹か釣りました。カットテール、パワーホッグ等いつものソフトルアーもローテーションしますが、反応なし。ヤマセンのワッキーが一番安定して釣れました。
反対側のロイホ前のウイード等もチェックしますが、釣れる気がしない。。。すぐに放流ポイントに戻ります(((^^;)
僕たちは、キャッチ&リリースだったのですが、周りの船はライブウエルやビクを付けているので、お魚さんを持っていってしまいます。お昼近い頃には、朝のラッシュがウソのように魚が減っていました。みんなボート屋の桟橋に連れて行かれるのかな。。。アタリもハッキリしなくなり、重くなったら釣れてたみたいなこともありました。
急に天候が悪化したため、一度桟橋へ待避。つぃでにセンターフィールを冷やかします。何かを買おうと思っていましたが、仕事の電話が入りそんな気分では。。。(−_−;)
雨もやんだので、残りの時間は桟橋で戯れることに。ヤマセンや芋グラブを桟橋やボートにの下に入れるだけでバスが釣れます(^^)
この後、子どもと約束があったため、最後はこの日熱かったラバージグで釣り上げて14:30に終了。僕が25匹ぐらい。どんちゃんは35匹ぐらいです。
放流ポイントの翌日というのは、はじめて体験しましたが、翌日ですとバスはホントに放流ポイントに固まってしまっていて、ぜんぜん散ってませんでした。そして久々のボート釣行は、熱くて楽しかったです。同行してくれた、どんちゃんお疲れさま&ありがとうございました。
ヒットルアー
スピナベ ラバジ 3FATヤマセン(ワッキー)

Leave a Reply

CAPTCHA